『COD:ヴァンガード』世界公開に備えよう。8月19日(日本時間20日午前2時30分)にワールドワイドで公開決定!

 

 

 

 

世界公開に備えよう。8月19日(日本時間20日)にワールドワイドで公開決定!

 

 

 

 

 

ヴェルダンスクの戦いに参加してCall of Duty®の世界的な公開を体験しましょう。8月20日午前2時30分(日本時間)には、「Vanguard in Warzone™」を全世界に公開します。

 

8月19日午前10時30分(日本時間 8月20日午前2時30分)、「コール オブ デューティ」で「ベルダンスクの戦い」が始まります。

 

この戦いに参加して、「コール オブ デューティ ヴァンガード」の世界的な公開をゲーム内でライブ体験しましょう。

 

 

 

 

 

 

Call of Duty: Vanguardの公開イベント:Warzone

 

 

このイベントに参加したい場合は、8月20日午前1時30分〜2時30分の間にWarzoneをプレイしている必要があり、ライブで参加することができます。

 

このイベントに参加しようとする人でサーバーが非常に混雑する可能性があるため、イベント開始時刻よりも早くオンラインになることをお勧めします。(ダブルXP、ダブルウェポンXP、ダブルバトルパスXP)

 

 

イベントに関する詳細についてはこちら(英語)

 

 

 

 

 

 

 

コール オブ デューティ』公式インスタグラムは、8月19日に開催される「#バトルオブベルダンスク」イベントの「#ヴァンガード」公開のためのティザーとなる、この4枚の写真をアップしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

You may also like...

7 Responses

  1. 匿名 より:

    参加できるか分からんけど、インしてみようかな♪
    次回作はわりと楽しみやで(^_^)

  2. 匿名 より:

    スレハンとトレアクとで差がくっきり見えるか楽しみだぜ

  3. 匿名 より:

    あまりCWを擁護するきにはならんがスレッジの開発が間に合わなくて1年延期でTreyarchに順番回ってきたのに開発力ガーはさすがにどうかと、AWも課金周りとんでも仕様だったし過度な期待は「俺の求めたcodじゃない」のお決まりセリフが出るで

    4
    1
  4. 匿名 より:

    開発の事情はよく知らないんですが、3チーム?くらい開発を分ける理由ってどういったのがあるのでしょうか

    お互い開発競争させてクオリティ上げ続けるのが主な理由とは思ってるんですが

    とは言ってもスレッジもトレーどっちも、単純な狭いマップを走り回って決め打ちランアンドガンしてこれがCODの伝統!って絶賛する流れに見えてしまいます、MW2くらいのときは如何に相手の裏を突くような戦法あったけど近年は突っ込んでワーって撃ちまくってるだけに見えてしまう

    • 匿名 より:

      誰かに聞いた訳でもないが、なんやかんやcod2(mw2とはまた別)の時からインフィとトライで交代で作品作ってGhost以降はスレッジが参戦して3交代制になってるけど、ハードの進化で開発もどんどん難しくなり発売が数年かかるような状態だとCODという存在自体が薄れていくらから無理矢理でも毎年出してるのかなと思ってる、ましてや無料FPSで群雄割拠な状態だしね

      • 匿名 より:

        何だか自転車操業みたいにも捉えられますね、無料FPSは近年だと、無料FPS=バトロワってイメージが定着してるのかなーと思ってます、人気とブランドが偏ってるだけかもですが

        10年以上前の無料FPS達はカウンターストライクのコピーみたいなのを基礎にオリジナル要素を加えたのが多かった覚えがあります

        現在の無料FPS界隈も量産型カウンターストライクが量産型PUBGに取って代わってる感じですかね(個人的にビームやSF武器のエーペックスより実弾実銃似のPUBGの方が好みです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。